上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎年恒例のわんこおせち。
今年は合鴨(生)やチャーシューが新顔です。
黒豆も単独参加はお初かな?
レシピは「チャーシュー」「栗きんとん」「黒豆」をご紹介しますね。
その他の伊達巻やチキンソーセージ、筑前煮などは過去記事をご参考くださいませ♪
 
【自家製チャーシュー】
◆材料◆
豚肉のかたまり 
  人間用なら肩ロースやばら肉 400~500g
  わんこ用ならモモ肉やヒレ肉 200~300g
しょうが 1片
植物油 小さじ1/2
水 適量

タレ用(人間のみ)
 砂糖 大さじ5~6
 醤油 適宜
 酒 適宜(醤油と同量)
 しょうが 1片
 にんにく 1片


◆作り方◆
1.豚肉はタコ糸でぐるぐる巻きにして型崩れしないよう整える。
   専用のネットでも可。
2.フライパンに植物油を熱し、豚肉の表面に焼き色が付くほど焼く。
3.深鍋に移し、スライスしたしょうがを加え、肉が隠れるほどの水を入れて強火にかける。
4.沸騰したら火を弱めて灰汁を取り、そのまま30分ほど煮る。
  途中、水がなくなってきたら足しながら煮ていく。
5.竹串などを刺し、透明の肉汁が出れば火が通った合図なので、
  そのまま冷ます。
  わんこ用はこれで出来上がり。
6.タレを作る。
  フライパンに砂糖を入れて、溶けて黄金色になるまで熱する。
7.一旦火を止め、醤油と酒を加える。
8.再び火をつけて砂糖を溶かし、味見をして、好みの味になるように調節する。
   煮詰めるのであまり味を濃くしないこと。
9.千切りにしたしょうがとにくにくを加え、とろみが出るくらいまで煮詰める。
10.耐熱容器か保存用の袋(ジッパータイプ)に入れ、その中に肉を入れて
   冷蔵庫で保存する。
   1晩置けば食べられます。
   

一緒に茹でれば時間も短縮、
わんこにNGのねぎを使わなくても美味しくできます。

2週間ほど経過しても食べられる状態のままですよ。
コツはタレの濃度を濃い目にすること。
それと、次回作る際には、新しく作るタレに古いものも混ぜると、
味が良く仕上がりますよ♪


☆  *  ☆  *  ☆  *  ☆


【栗きんとん】
◆材料◆
むき栗(冷凍で可) 4~5個
さつまいも 1/3本程度
蜂蜜 小さじ1
お湯 適量

◆作り方◆
1.むき栗はお湯で柔らかく茹で、ざく切りにしておく。
2.さつまいもは皮をむき、ラップをしてレンジにかけるか、
  お湯で茹でてつぶす。
3.さつまいもに蜂蜜を加えて混ぜ、更にお湯を少しづつ加えてなめらかな状態にする。
4.3のさつまいもに栗を加えて出来上がり。


☆  *  ☆  *  ☆  *  ☆


【黒豆】
◆材料◆
黒豆(缶詰) 適量
蜂蜜 少々
水 適量
クコの実(飾り用)

◆作り方◆
小鍋に黒豆を入れ、ヒタヒタになるほどの水と蜂蜜少々をを加え、
落し蓋をして煮るだけです。
盛り付けた時にクコの実を飾ると彩りがよくなります。


☆  *  ☆  *  ☆  *  ☆


こちらは2009年バージョン。
合鴨やチャーシューではなく、サーモンと鯛が入ってます。
こっちの伊達巻の方がおいしそうかも(^▽^;)

スポンサーサイト

<< ガーリックシュリンプ | ホーム | Hanaのお誕生日◆2009 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。